過剰な便秘への意識はNG

投稿日 2013年12月30日 月曜日

コメント コメント(0)

知人のKさんは、自分が便秘だと思い込んでいます。
しかし、話をきいてみるとこれがそうでもないわけです。
毎日ちゃんとお通じもあり、それがおよそ1日に3回程度の頻度というのですから、
便秘どころかむしろ快便です。悩むことはないと私は思ったのですが、
Kさんは、どうにも自分が便秘であるという意識から脱することが出来ず、
さまざまなサプリメントや民間療法を試したりしていました。
それらサプリが作用して便通があるというのなら得心もいくのですが、
そういうわけでもないらしく、「何もしなくても、一応は3回程度出る」とのことでした。
Kさんの感覚では、(便意がなくても)自分がトイレに行った際に排便できないと
それを「便秘」として捉えてしまうようでした。
いわば、過剰な意識により、余計にネガティブに
自分の状態を嘆いているような状態にKさんは陥っていました。
便秘対策と積極的に向き合うことは大切ですが、Kさんを見ていると
過剰な思い込みや意識は、ともすれば便秘改善に対して「不適切」であるなと感じました。

検索

タグやエントリータイトルなどキーワードを入力すると、このサイト全体から記事を検索できます。

このブログについて

日頃の生活習慣を改善することによって、便秘を治そうとしている一人の女のブログです。